六面の毎日ニュース纏め

日々のニュースについて、毎日投稿しています。ジャンル→政治・経済・社会・IT・キャリア・エンタメ・車・ゲーム

若者のクルマ離れは「安価で面白いクルマ」がないからなのか?

f:id:rokumen21:20180430213346j:image

そもそもクルマを所有するコストが高すぎる
「若者のクルマ離れ」というフレーズを耳にすることは多い。まずファクトとして、運転免許の保有者を見てみよう。2017年の統計データ(警察庁)によれば、20~24歳の運転免許保有者数は473万9775人。その世代の人口が約624万人であるから運転免許の保有者比率は約76%となる。
 ちなみに、50~54歳の人口は約820万人で運転免許保有者は約762万人、保有者の比率は約93%と明らかに違いがある。若年層の人口が減っているだけでなく、運転免許の保有率も落ちているのだ。日本全体としての運転免許保有者数は2017年時点で8225万5195人と過去最高を更新しているが、将来的に減少していくであろう傾向が見て取れる。なお、男女比もわかる統計のスタートといえる1969年の運転免許保有者は2478万2107人だった。

 

https://www.webcartop.jp/2018/04/228366

 

確かに若者に限らず車離れは多くなっている(都市部は特に)

これらは利便性からくるものだと思う。

だからこそ、走る喜びや愛車を持つという消費者のメンタル的な部分に訴えないとさらなる購買は厳しいのかな