六面の毎日ニュース纏め

日々のニュースについて、毎日投稿しています。ジャンル→政治・経済・社会・IT・キャリア・エンタメ・車・ゲーム

話がわかりにくい人は説明の作法を知らない

f:id:rokumen21:20180604180214j:image

そこで出てきた結論は、「どんなに一生懸命に身につけた知識やスキルも、相手がわかってくれなかったら、それはないに等しい」ということです。
相手が興味のない話やメリットのないことは、どんなにこっちが必死に説明しても届かないのです。届かなかったら、それは相手にとって“ない”ものなのです。
「わかりやすく説明するには、自分がどう説明したいかではなく、相手がどう受け取るかを考えることから始めないといけない」──説明で一番大切なことを私は生徒から教わりました。
相手にわかりやすく説明するには、ちょっとしたコツが必要です。それは、私のように教える仕事をしている人だけでなく、釣り、将棋や囲碁、スポーツ観戦のような趣味を熱く語りたい人にも役立つスキルがあるのです。
個人が情報発信しやすくなったSNS社会では、YouTubeやブログなどでその人の専門分野での発言を、そうでない人に伝える機会がひと昔前に比べ圧倒的に増えています。だからこそ、新時代の趣味人として活躍するためにも、自分の専門分野以外の人に、自分の発言をわかりやすく伝えることが求められるのです。https://toyokeizai.net/articles/-/221169

確かに最初に話に興味を持たすには分かりやすい投げかけを徴収に行うてのは効果的だよね。

それと相手の興味や関心を考えるのは大事。自分がとても好きでこれを相手にも好きなってほしい!て思っていても相手が全く興味がなかったら軽くかわされて終わってしまう。

相手第一で考えるのは、ビジネスコミュニケーションでもそうじゃなくても重要。